お知らせ

「峨駒の古典的スピーカーの調べ」は”木下惠介記念館”で行っております。
こちらのブログは技術的な記事に限定して書いておりますので、以後、イベントのお知らせはこちらのページにて行います。古典的スピーカー+墨汁抵抗+ECMフォノピックアップ

当ブログは作者「峨駒」のオーディオ技術メモです。
主な内容

HB-PU(ハイブリッド・ピックアップ)の試聴は以下の場所でお願いします。

2014年11月25日火曜日

墨汁抵抗のプリアンプ

こちらの実験は火災や感電のリスクがあります。実験は安全対策を各自で実施し、自己責任で行ってください。



墨汁抵抗を1本1本見直して1から組みなおした。

サイズは600mm×300mm

大きいがほとんど竹と紙で出来ているので重くはない。


 入力はハイブリッドピックアップ専用
ECMは以前より使用している[WM-61A]ソースフォロワ
入力コンデンサは自作PPフィルムの2800pF(これ以上大きいのは出来ない、できるが絶縁性能が悪い)詳しくはカーボン抵抗、コンデンサ自作2を参照。



因って出力コンデンサは指月???
この回路での市販CRパーツはこの出力コンデンサだけだ。
デカップリングCや抵抗のパスCは一切入れない。レギュレーションが悪くても無帰還なので問題ない。
墨汁抵抗の音質はよいので、全面的に抵抗の音になっても構わない。




とても小さく見えるが半導体は普通のサイズ(2SK30)
音は少し硬くなったような気がするが、使っているうちに変わってくるだろう。
前作のアンプで墨汁抵抗の性質もわかっているので、びくびくする必要もないな。

抵抗はやはり大き目に作ったほうが安全面、音質面、とも良い




0 件のコメント:

コメントを投稿